(*´・ノ∀・){열심히 공부해요}*:゚・☆

木曜日の会話クラスです。
文型-(ㄴ / 는)다고 해서を使って否定や伝聞などの文を発表しました。

왜 술을 안 드세요?
⇒몸에 안 좋다고 해서 끊었어요.

교토에 가신다고요?
⇒유명한 축체가 있다고 해서 가볼려구요.

テキストだけではなく、講師の質問に受講生の皆さんがどんどん文型を使って答えていきます。
ペアになり会話したり、質問に答えたりと、とても良い雰囲気。

受講生の方から『엣지 있다』の言葉が出た時に講師がとても驚いていました(@_@)

『엣지 있다』
直訳すると、「edgeがある」という意味なんですが、
edgeは鋭さ、鋭利さと言う意味でスッと飛び出た部分をさしていることから、「個性的だ」、「センスが良い」など洗煉されたイメージの時に使われます。
特にファッション関係などで良く使われる事が多いです。

スラング表現も飛び出す、楽しい授業です。


こちらは、この秋に韓国語のレッスンを始めて一年になるクラスです。
この日は、電話での基本会話の後に
文型(-면 / 으면 )を学びました。

3つのグループに分かれて、講師の出した質問の後文を考えます。
まだまだ語彙数が少ない中、頭をひねらせて文章を完成させます。
出来上がった文を何度も読み、覚えていきます。

秋から、会話クラスに上がるのが益々楽しみなクラスです(^o^)