祝!ハングル検定試験合格!

ヨロブン アンニョンハセヨ

今日は嬉しい報告が一つあります!
いつもセットンのブログに勉強した韓国語で素晴らしい文章を投稿してくださってる西宮教室の田中シが、ハングル検定試験準2級を見事合格しました^^
準2級になると、セットンで学んでいることに加えてご自身で本当に一生懸命勉強しないといけないので、チンチャ テダナジョ!

どうやって試験の勉強をしたのかぜひ教えてくださいと田中シに頼んだところ、快く勉強方法を紹介してくれました。
田中シ カムサハムニダ^^

====================================================

저는 이번에 한굴 검정시험을 봐서 준2급( 準2級)을 합격했어요. 잘 갈쳐 주신 선생님들의 덕분이죠. 정말 감사합니다.

시험을 보려면 단어를 많이 외어야해요. 제가 해 왔던 방법인데 여러분들에게 도움이 될까싶어서 소개하려고 해요.

☆ハングル検定を受けるための単語の覚え方☆

1.キクタン 

キクタンは単語ひとつに付き韓国語、日本語、韓国語の順で読み上げてくれるので、テキストが無くても勉強ができるので毎日一度は通しで聞きました。
隙間時間を使って少しずつでも一通り聞くようにしました。

キクタンでは一日に単語を16個ずつ覚え8週間で完成するように組まれていますが、はじめは1週間分ずつテキストに目を通し、これを 8日くらいで終えました。

2回目はじっくり書いて覚えたり、例文を読んだりして、3日分ぐらいずつこなします。このとき、知っている単語や、覚えた単語は色鉛筆かマーカーで消してしまいます。(色鉛筆は、あとでやっぱり覚えてなかったなあというときに消してやり直せるという利点があります)。

色はグレーか茶色、紫系の寒色を使います。覚えた単語が何なのかはっきりさせるためです。写真を見るとわかると思いますが、まだ覚えていない単語は白く浮き上がって見えますね。この作業に一ヶ月かけました。

3回目は塗り残した分だけを集中的に覚えます。覚えた単語はそのつど塗りつぶします。すでに2回繰り返しているのでいくつか減っているので、一日に3日分~一週間分目を通しました。

検定試験は筆記が無いので、つづりが正確でなくても読めれば問題は解けますから、なんとなくでもたくさんの単語を知っておくことが大事だと思います。

iPodを使っているので覚えたチャプターごとに消去していきCDを聞く時間も減らします。4回、5回と回を重ねれば、塗り残しの分=覚えていない単語は減りますから、一日に一回テキストを通しで目を通しても30分くらいですむようになりました。

8割くらい覚えたら試験は何とかなると思います。

キクタンの場合で書きましたが、その他の単語帳や単語カードでもこの方法は使えます。

私は単語カードを作るほど根気が無いので、新出単語のページやテキストの索引を使ったりします。

Easy Korea の巻末には新出単語の索引が載っているのでコピーして使いました。

2.漢字語

日本人にとって漢字語はなじみやすいと思います。韓国語の場合漢字に対する読みは一つなので単語を覚えるときは漢字でどう書くのか確認しておきます。そうすると単語が2倍3倍に増えます。

例えば

原因=원인  子息=자식  協力=협력  を覚えておくと

今話題の 原子力=원자력 も何とか導き出せます。

出発の発、電車の電 をつなげると原子力発電なんて難しい単語も作れます。

単語の意味を調べるときはぜひ漢字でどう書くのかも確認てみてください。

西宮教室  田中恵子☆