韓国の紅葉

アンニョンハセヨ!
季節が一気に秋めいてきて、紅葉も見ごろを迎えてきましたね。
日本より少し気温の低い韓国でも、10月の下旬ごろから紅葉がピークを迎えます。

「紅葉狩り」は韓国語では「단풍놀이(タンプンノリ・紅葉遊び)」と言い、日本と同様、たくさんの人が秋の美しい景色を楽しみに紅葉スポットに足を運びます。
セットンスタッフも先日、韓国に出張に行った際に、古宮で唯一の世界遺産である「창덕궁(昌徳宮/チャンドックン )」の「후원(後園/フウォン)」がとても綺麗だという話を聞き、足を運んでみたのですが、、、
何と数日先までチケットが「매진(メジン・売り切れ)」!!!
韓国の方はもちろん、世界中から連日たくさんの方々が訪れていて、チケットがすぐに売り切れてしまうそうです。
実際にお会いする観光客の方々を見ても、以前より多国籍になり、数もぐんと増えているのだなと実感すると同時に、より一層一緒に中に入って楽しみたかったという気持ちがふつふつと(笑)
公式HPで紹介されている、後園の入り口がこちら。

入り口だけでもとても綺麗ですね。

残念ながら後園には入れなかったのですが、一般観覧エリアである「인정문(仁政門/インジョンムン)」の前では、「왕후의 초대(王后の招待)」という韓国の宮中文化を体験できるイベントが行われていました。

文化に触れ、理解することは、言葉を学ぶ上でもとても良い相互作用があり、上達においても大事な鍵となります。

皆さんもぜひ、旅行に行ったり、本やインターネットを通じてでもいいので、韓国語の学習とともに韓国文化も興味を持って楽しんでみてくださいね!