セットン生徒インタビュー

アンニョンハセヨ
セットン生徒インタビュー第2回目は、木曜クラスの袖山さんのインタビューです!

袖山さんは韓国語を習い始めて8年。
韓国語に興味を持たれるようになったのは、1988年のソウルオリンピックがきっかけ。
放送で流れてくる韓国語のアナウンスが、袖山さんには日本語に聞こえたそうで、これなら習えるかもしれないと思ったそうです!

その後、初めてソウルに旅行に行った際にも、韓国語が分かればもっと旅行が楽しくなるのに!と感じることが。
街のあらゆるものがハングルで表記されていて、ハングルを読みたい!と、この時強く思ったそうです。

また、その頃丁度日本では冬ソナブームがあり、パクヨンハさんの歌を聞いて歌の上手さに感動。
それ以来韓国の歌にはまって、韓国語をもっと勉強するようになったそうです。

韓国旅行へは頻繁に行かれているそうですが、行かれたら出来る限りミュージカルを見るようにしているとのこと。
現在はジュンスの大ファンで、ジュンスの歌を聞くのが本当に好きで、ジュンスのことを褒められたら、自分のことのように嬉しいと話されてました^^
ミュージカルは1回だけではなく2回以上見るそうで、2回目になると内容がもっと分かってくる。
何を言ってるいるのか歌っているのかをもっと理解したいと考えているそうです。
これまで韓国語を長く勉強しているけれど、袖山さんてとしてはまだまだ語彙量が少ないと感じているそう。
旅行に行ったら、恥ずかしいと思わず、出来る限り韓国の人たちと沢山話すことを心がけていると仰っていました。

セットンについて伺ってみると、会話が多いところを良いと答えてくださいました。
以前習っていた教室では、文章を読むことに重点を置いて、辞書をみて訳してばかりだったそうです。
どうしたら会話が上手くなるか?
歩きながらでも、何か考えついたことがあったら、それをどう韓国語で表現するのかをいつも考えているそうです。

「辞めようと思ったことはない。
韓国語を習いながら、韓国についても、こんなに近い国なのに知らないことが多かったのが残念。
ヨン様の影響で、親しみを覚えるようになったのはすごいこと。
もっと前から知ってたら良かったのに!と思う。
韓国語の勉強のために、あと10年若返りたい。
ジュンスのずっと応援をしながら、ジュンスが話していることを全部聞き取れるようになりたい!」
と語ってくださった袖山さん。

韓国語の勉強を通じて、たくさんの楽しみが生まれているのが本当に素敵ですね♪
そんな袖山さんを、家族のみなさんも全力で応援してくれているそうです☆

袖山さん、これからも楽しく一緒に勉強していきましょう^^

IMG_3495

*******************
お知らせ!

KPOPアイドルB.I.T × セットンコラボ 案内

9月14日のB.I.T.コラボイベントについて、まだ席がございますので、ぜひぜひ応募してくだいねー!
カムサハムニダ^^