セットンの会話について

アンニョンハセヨ

今日もセットンの会話についてご紹介します!
ある程度韓国語を読めるようになっても、会話になると途端に難しくなりますよね^^;
しっかりと読み書きや文法が出来ることも大事ですが、それだけではなかなか会話の上達は進みません。

先週の記事でも書きましたが、セットンの入門初級ではまず発話を重視しています。
そして、入門初級の次の会話初級では簡単なフレーズや文章での会話に入っていきます。
会話初級の時点ではまだまだ語彙力が足りないのですが、なるべく声をたくさん出して会話をすることに取り組みます。

例えば、韓国旅行での様々なシチュエーションを想定して、
①空港に着いた時の両替時の会話
②空港からのソウルへの行くためのバス・タクシーでの会話
③レストランやショッピングでの注文の仕方

などなど、実際によくあるシーンでの会話を多く取り入れています。
実践的ですぐに活用できるものが多いので、自然と生徒のみなさんも積極的に取り組んでくれますし、ここでも大きく声を出すことを意識してもらっています。

このようにセットンでは実際によく使う会話をベースに会話の練習を行っていきますので、会話をあまりしたことがない方や苦手だなーという方も無理なく自然に会話の機会が増えていきますよ^^